So-net無料ブログ作成
検索選択

出産レポート 二女編 [出産]

実は、いろんな理由からもっと早くに出産したかったし
きっと早い(長女は38w3d)と思っていたのですが…

39wに入り、家族も「まだ?」攻撃をするような人たちではなかったのですが
勝手に自分がプレッシャーを感じてしまっていて
なんとなく焦りが…。
焦ってもしょうがないとわかっていても、抑えられないでいました。
陣痛呼びジンクスの「オロナミンC」も少し前から飲んでみたり。
痛みのない張りはあるものの、なかなか来ない。
いつなんだと、毎日そればかり…。

そんな中、10月第一週の週末は、アパート(社宅)の引っ越しがありました。

【2日土曜日】
朝一番で39wの健診へ。
その後、私はほとんど手伝えないけれど、なっちゃんを連れてご挨拶に顔を出したり、
お外でアパートのお友達と遊んだりと
自宅の部屋がある4階までの階段を何度も往復したりはして結構動いていました。
その日は焼肉も食べました(^^;

【3日日曜日】
この日も引き続き引っ越しが。期待したけれど、相変わらず陣痛来ず。
でも、なんか今日はやたら張るなーとは思っていました。
仲良くしていただいた方にご挨拶して、夕方、少しパパの買い物へ。
時々お腹が痛むけれど、便秘気味だし腸の痛みと区別付かず…
もちろん定期的でもないし。
でも、どうもいつもとは違う予感はする。そして体がすごくだるくて疲れる!!

おりものもなんか違って、破水ではなさそうだけど…と思いながら、
買い物の後、義母が赤ちゃんのために用意してくれていた
バスタオルを、入院の時に持っていこうと思って義実家に寄ったら、
なぜかかっぱ寿司に行くことになり、義妹と姪も呼んでみんなでご馳走になりました。
いっぱい食べた~♪そして7時過ぎに帰宅したのですが…

精神的にもなんだか不安定で、
次の週末、パパが泊まりがけでいないことがわかって
そんなの仕方のない事だといつもなら受け止められるのに、
なぜか旦那に八つ当たりして大泣き&久々の喧嘩。
なっちゃんに慰められる始末。やさしくて、また泣けました。

落ち着いてから、お風呂に入って、パパと私で
9時ころなっちゃんを寝かしつけ始めたのですが
…なんかおなか痛い。
枕元に時計携帯もたまたま置いてなくて、
正確には測れないけど、10分くらいじゃないか…??と思う
9:30には寝付いたので、私は布団から出て
片付けなど始めたけれど、やはり痛みが強まってくる。

トイレに行きたくなり、行ってみると
最近スッキリしなかったお通じがあり
(これも分娩が進むとよくあることらしい。下痢したりも)
同時にわずかだけどおしるしが!!
これは本陣痛っぽいなーと確信し、
パパも起こして、片付けを手伝ってもらう。

着替えて、入院用の鞄と、なっちゃんの着替えなどをまとめた鞄も
改めて確認しながら、義母にメール。
「陣痛かもしれないけど、様子見てまた連絡します」
実母にも「お産になりそうだよー」と電話をしておく。

そのうち、どんどん痛みも強まり、間隔もあっという間に
5分くらいになってきたので、パパが義実家に連絡。
私は痛みが来ると動けないくらいに…!
合間をみて産院にもTEL、近いので、義父母の到着を待って
車で(ホントは歩いた方が近い)義母と、パパと3人で向かう。
義父はなっちゃんに付き添ってもらいました。
(バタバタしてたけど、起きませんでした)

それが23:00頃かな?
痛みが来ると、さすがに動けなくなってきていたので、
病院の入り口で一休み、階段をのぼった二階に行くためひとやすみ…
という感じでスタッフルームへ。
まずは私だけ中に入り、NSTをつける。
はじめは私服のままでもいっかって感じだったけど、
私も早く進みそうな気がしたし、助産師さんも「経産婦さんだしね~」って事で
ショーツも産褥用に履き替え、分娩衣に着替えてから装着。
冷え対策に履いてたレッグウォーマーはそのままでいいですよーとはいたまま。

その日は分娩が立て込んでいるらしくて、
希望の分娩室は埋まっているようだった…(畳の部屋とベッド式のバースルームがある)
実ははじめに通されたのはオペルーム。
ただし、この産院はほとんどの帝王切開は他院にまわされるので、
ここでオペになることは少なく、こういうときは分娩室になるみたい。

30分前後つけてるんだろうなーと大人しく横になっていたのだけど、
あっという間に痛みが強くなってきて、
いきみたいようなキツイ痛みが陣痛が来るたび増してくる。

そしてナースコールを持たされていない私!!ピンチ!!
どこだナースコール!届かないぃいいい!!!!
仕方ないのでうめいてみた。「いたぁああ…」(まだ冷静なので叫べない)
間もなく助産師さんやってくる。

「ごめんねー!よし、バースルームいきましょうか!旦那さん呼んでいいかな?」
あとで知ったのだけど、先にバースルームを使っていた人がなかなか進まなくって、
私に順番が回ってきたみたい。
でなれば、オペルームでお産だったかなぁ(^^;
ちょっと殺風景なんだよねー。


●多分0:00前後。
置いてあったバースボールにとりあえず座ってみてね~って言われ、
おっきなバランスボールのようなボールに乗ってみる。
痛みが結構強くなっていたので、お茶を飲み飲み腰をパパにさすってもらう。
前より「痛い」と思うのは、実際そうだったのか、
甘えられる人がそばにいたからなのか、今でもよくわかりません。
でも痛かったなぁ…初産の方が陣痛の痛みは最後までそれほど強くなかった気がする。

それも長くなく、いよいよ分娩台に上がるけど、
ここはフリースタイルなのでクッションを積んだ所に上半身を乗せ、
腰をしたに下ろした状態で、痛みに合わせていきむように言われる。

そういえば、無理していきみのがしをするようには言われなかったな。

パパの手を強く握り、後ろは助産師さんがサポートしてくれるので、
なんだかとても気持ちは楽。
でも前より声は出してたなぁ。「痛いーーーっ」ってそれだけだけど。

間隔が短くなってきても、合間には一瞬寝て夢まで見る。
(←この自然の体の仕組み、すごいと思う…)

時々お腹にモニターをあてて、赤ちゃんが元気かチェック。
お産の進み方に合わせて、最後の方はちょっとだけ体勢を変えました。
もっと腰を下ろしたんだったかな…

何回いきんだかは定かじゃないけど、途中で破水したのはわかったし
頭が出たあたりの苦しいところも覚えてる。
頭が出た所で、助産師さんが「あー、泣きたそうにしてるよ~!」って言ったのが印象的でした。
その後何度かいきんで体が全て出たのを助産師さんが受け止めてくれて

2010/10/04 01:20、

「誕生!!」
そのまま私の腕の中へ。
四つん這いの姿勢から、まず座り、
そのあと静かに後ろに倒れるように仰向けに寝かされて、
そのままカンガルーケアをしてました。
そのあいだ、オシモの処置。
いつの間に先生来たのかわかりません(笑)
なんか助産師さんが途中で呼んでたような気はするけど。

私の腕の中でさっそくおしっこしてた~!
すぐに抱けるって不思議な感じ。
くしゃくしゃで真っ赤でちいさな顔と手足、
がんばったねえ~って思いました。

分娩衣からパジャマに着替えさせてもらい、
今回も出血が多かったので、点滴に収縮剤をいれられてそのまま分娩室でしばらく過ごす。
ちょっと静かな時間。
少し落ち着いてから、パパが廊下で待機していたばあばを呼びに行って、
ご対面☆
早かったね~って話になる。
お産がなかなか進まないでいた方のお母様と少しお話したみたいで
先生が分娩室に入った時、「お宅じゃないかしら?」って言われたそうです。

義母は少しして、私たちのアパートに戻り(徒歩5分)
寝ているなっちゃんと、待っているじいじと休んでもらいました。
(普段はいつでもどこでもすぐ寝られる義父も、この日は眠れなかったそうです。
嫁の出産が心配でというより、一緒に寝てるなっちゃんが起きて泣かれたら、
一人でどうしよう!?と思ってたそうです・笑)

裸のまましばらくケアし、その後次女は計測ののち、服を来て
戻ってきました。

分娩もたてこんでるので、これからの産婦さんと交代してベッドに移動。
本来は病室に行くのだけど、満床だったのかな…
それに夜勤は看護師さんと助産師さん一人ずつ、
さらにお産ラッシュで手が回らない状態!
スタッフルームの片隅の、カーテンで仕切られた簡易ベッドで横になりました。
(あとで知ったけど、そこは毎日新生児の沐浴と計測をするばしょで、
寝ていたのはソファベッドでした!意外と広くて快適だったけど☆)

パパも帰ってもいいよと言ったものの、
結局明け方までつきそってくれました。
ウトウトするんだけど、私も興奮状態で寝られないし
分娩室から聞こえるうめき声、叫び声…(>_<)キニナル
私も数時間前あんな感じだったのよね!
あと少しだからガンバレーって心の中で応援。

途中で先生が、(部屋もないし、分娩室の目の前なので)
「騒がしくてごめんなさいね」って声をかけてくれたんだけど
旦那が「いや、先生こそ休みなく大変ですよね」って言ったら「いやいや~」って言いながら
サワヤカに去って行かれました。

5時過ぎに、ようやく今晩のお産が落ち着いたみたいで、
カーテン越しに看護師さん&助産師さんのお二人が一息ついてらっしゃいました…
(ご飯食べてたんじゃないかな)
ホントにお疲れ様でした。
お産後の処理と、多分報告書とか書き物も全然進まなかったみたいで
「みんなが来たらアレとかこれとか頼もうね~、あと、外来からこっちに回してもらおう…」
と相談してました。
「○○さん、昨日勤務だと思ってたから呼べないと思ってたのに
シフト表そのまま(前の日?)にしてた!ああぁ~ヘルプに来てもらえばよかったねえ…」
きっと、そのシフト表が今日のものになっていなかったことも、
気付く暇すらなかったんだろうな[たらーっ(汗)]

他にも、自分がこの仕事して初めて一晩でこんなにとりあげたとか、
先生でももしかしたらないかもしれないとか言ってました。
一日ならともかく、一晩(夜勤の時間)で7人。
年末に部屋が足りなくなり、急遽ホールなどを使って入院してもらったことはあったそうですが
今回はその日のうちに部屋には入れたし、私の入院中はうまく回ってたけど、
とにかく一日のお産だけが多かったみたいでした。


朝食はそこで。ちょっと気分悪いかと思ったのに、
おなかペコペコだったので完食。美味しい!

その後尿意はないけどトイレに誘われて、
付き添われて歩きだしてみたものの、廊下に出た所ですぐ歩けなくなる。
また短いのに車いすでベッドへ…
尿意はなくても、膀胱に尿が溜まっていると子宮が下がってこれないそうで、
導尿することに。
全く自覚なかったけど、恥ずかしながらかなり貯まっていたみたい。びっくり。
そりゃ汗もかいたけど、あれだけ口からも飲んで、点滴2本入れられたんだから
水分たまってるよね…





その後、私はスタッフルームの片隅からまたオペルームの小さいベッドへ移動。
この時も立ち上がれず、短い距離なのに座ったまま、
キャスター付きの椅子にのって運ばれる。

2010-10-25

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

出産ドキュメント【2】 [出産]

前半はこちら

そのまま進んできてしまって、痛みとの合間に
助産師さんが内診してくれてるのはわかったけど
もはや何をされているのか!!
痛みより、「早く出したい」という感じ。
お尻を押されながらいきみ逃しの呼吸リードされるものの、
我慢させられるのが辛くて辛くて。
この頃、子宮口の全開を待っているのか、
友人の到着を待っているのか曖昧になってきてました
「間欠は結構あるんですが進んできてるみたいで…」
と助産師さんが話してるのを聞いていました。
母が席をはずされ(旦那以外立会い不可なので)
バタバタとベッドが分娩仕様に変えられ、足にもカバーがつけられ
準備が整う頃、着替えを済ませて友人到着!(ノーメイクで飛んできたとのこと)

いよいよ!という分娩台の上で、あ~間に合ったんだ~
とお互い笑い合いそのままお産へ。
ずっと付き合ってくれたベテラン助産師さんからバトンタッチ。

いざいきむ!となり
自然と手はベッド脇のとってをつかみ力が入る。
陣痛に合わせていきむけど、つい「ん゛~!」と声が出てしまい、
声出さないで、全部こっちにねーとのリード。
そっかーと意識してがんばる。

赤ちゃんにしっかり酸素を送るため、酸素マスクをつけられ
赤ちゃん苦しがってるからしっかり深呼吸!といわれ
赤ちゃんのためにちゃんと息しなきゃ!がんばんなきゃ!
とがんばるけどなかなか…
上体起こしておへそをみるんだとかも思い出し、冷静に実戦。
短い間欠期はほっとする。
どれくらい進んでるか自分では自覚ないので、
髪の毛見えるよーとの言葉にほっ。
「髪の毛あるんだあ~良かったー」と思わず口に出す。
旦那は無くて、私はふさふさだったらしいので
私似かなあと期待。
が、そこからすんなりすすまず、
にわかにパタパタした雰囲気。

出づらいためか、もう一人の先生にお腹おされたのが辛かった。
結局心拍落ちてきて(NSTの音で私もわかった)
「〇〇~、吸引分娩になるからねー」
って友人に言われ、
まさか自分がそうなるとは思わなかったけど、
赤ちゃん苦しんでるならなんでもいい!
早く出してあげて!という気持ちに。
最後広げられる感覚が器具によるものだったのか純粋に頭なのかは不明だけど
陣痛に合わせて吸引された時はやっぱり痛みとくるしさがピーク。
でもそんなのは一瞬!
頭が出た事を呼吸のリードが変わった事で先に知る。
胴体でるまでがなんというか違和感があり、
なんか変な感じだったのを覚えてます。

一呼吸あり、元気な産声が!!
とにかくほっとして、手を触ったら握り返してくれました…
それが一番最初かな?

AM 7:37 でした。

処置のあと、そばにきたわが子。
ずっと元気に泣き続けてる!
初めてのおっぱいでも、上手に吸い付き
私の出も良いらしく、口からあふれてるねえって
褒められる。嬉しい。

今は産湯をつかわせないので、
独特の生まれたての赤ちゃんの匂いがそのままで
とっても幸せ。
おっぱいから離されたら、指をしゃぶってました!

そうそう、傷の処置は少々痛かったし、切るのも切れるのもイヤっ!
って思ってたけど、産んでしまうとそんなことどうでもよかったなぁ。
陣痛~お産の痛みと、傷の痛みは全然違ったし。

吸引になった件について、「うまく出してあげられなかったかな…」
とつぶやくと、結局臍の緒が巻いてしまっていたためなので
仕方の無いことで、
私のお産は上手だったと友人に褒めてもらえて嬉しかった。

遅くなったけど、取っておいてくれた朝食を食べて
産後用に処方された鎮痛剤などを飲む。
あんなにぐったりなのに結構食べられるのが不思議。

そういえば直前の妊婦検診で貧血気味で鉄剤出されたばかりだったのに
出血量は多量…。
ベッドの上では大丈夫だったけど、
立ち上がって歩こうとしたらフラフラするし、気持ち悪い。
原則歩いて病室に行くのだけど、車椅子で病室へ連れて行ってもらう
すれ違う職員さんたちにおめでとうございますと声をかけられるけど
ぼ~っとしながらありがとうございますーと言うのが精いっぱい。


私にとって陣痛のはじまりはたいして辛いものではありませんでした。
痛みはこんなもんかーって感じだったからこそ家で迷ってたし…
感覚が狭まって来たときは、確かに痛みも増してるけど
いきみたい苦しさの方が辛くて。
あの段階で陣痛室から分娩台にあがるとか無理だ…動けません!!
LDRで本当に良かったです。

結局入院してベッドに横になって、出産するまで
一度もベッドから下りなかったな~。
有線聞けるとか、歩いた方が陣痛楽とか
陣痛用の揺れる椅子とか使わずf^_^;

ところで、旦那の立ち会いは当然無理で……
その瞬間、普通にテレビみて新聞読んで仕事にいく支度をしてたそうです
こんなに早く産まれるとも思ってなかったらしく。
「今から会社行きます」と私の母に電話を入れようと思ったら
「産まれたよ~」と聞きびっくりしたとか。
(母も連絡しようとした時に電話きてびっくりしたらしい)
そして次の日の夜が初対面になりました。
仕事を早く切り上げたものの距離があるので
着いた時間も遅く面会時間のぎりぎり。
面会ルームで一人待つだんな、泣いてました。
私だって泣いてないよ!!(産後って興奮してるんだよね)

産んだあと、理想のお産とか、嫌だと思ってた事とか、
旦那が立ち会えなかった事すら
ある意味どうでもよくなったなあ…

私の出産は思い描いていたような感じじゃなかったけど、
無事に楽に進んだと思うし、
なんかとにかく、初日は可愛いなーとかいう事より
今朝までお腹にいた子がここにいる!?
っていうのが不思議でした。
人間一人産むってやっぱりすごいこと。

分娩台の上では、よくお産の痛みは忘れちゃうっていうけど、
痛みの記憶は薄れても、この感覚は忘れられっこない!
私は絶対覚えててやるーって思ったけど
忘れました………(笑)

妊娠期間もとっても楽しかったし、
貴重な経験、幸せでした…☆
nice!(5)  コメント(10) 
共通テーマ:妊娠・出産

出産ドキュメント【1】 [出産]

すっっかり遅くなりましたが、書き溜めていた出産ドキュメント[あせあせ(飛び散る汗)]
なかなかまとめられずいまさらになりました。
自分用の記録です。

7/9の診察のあと、普通の生活をしてた私…。
夜、やっぱりなんとなく痛いかな?と思うものの
全然本陣痛とは思ってない私。
お通じがあったあとは「あ、便通によるおなかの痛みだったのかなぁ」
なんてのんきに考えてました。

何度かここでも書きましたが、
お産に立ち会ってくれる予定の、助産師の友人から、
検診の日だったと言うことでどんな感じ?と
22時頃メールが来ました。
「内診されてなんとなく痛いけど、まだっぽいよ~」と返信。
「寝られないくらいにならないと産まれないからゆっくり休んでね~」
というやりとりをし、

テレビみて、普通にお風呂入って0:00頃布団へ。
でも痛みが続くので23時頃から一応時間をメモしてみる。
20分??15分??
間隔が定期的なような、そうでもないような……
どうなのコレ?

まだまだ平気な痛みだけど、うとうとしても寝てはいられない(^_^;)
諦めて、一時過ぎには起き、寝ていた旦那にも本物の陣痛かも…と電話する。
でも弱いのと強めのが混ざってて、全然ピンと来ない。
でも、なんかだんだん腰が痛みはじめた!?これ、なんか本番ぽい…と、
母を起こし、着替えも済ませてさらに様子をみて
3:30過ぎ、さすがにどう見積もっても五分おきくらいだし…病院に電話!
「じゃぁ入院ですね~、準備して来て下さい」とのこと。
ダンナにも「病院行くね~」と電話。

早朝だし病院までも車で10分程度と近いので、余裕もって入院。
この時点でまだ半信半疑。帰されちゃうかもなぁ~なんて。

まだ気持ちにも十分余裕があり、痛みの波がきても普通に駐車場から歩いて
夜間受付からカルテをもらい、病棟へ行き助産師さんの内診を受ける。
ちょうど、昼の診察では外来にいた助産師さんでした。

子宮口は昼と変わらず、まだ二センチ…。
痛みに余裕もあるし、まだまだかなあなんて思いつつ、
母とLDRへ入り、分娩衣に着替える。
もう旦那は間に合わないなあと諦める(^_^;)
四時頃、「入院したからね~」と最後のメール。
その後、初めてNSTをつけ40分計る。
時々強い痛みも混ざるけど笑いながら話せるくらい、
まだまだ余裕。

機械をはずしたあとは、母に飲み物を痛みの合間に買ってきてもらうように頼み、
私は最後になるであろう胎動を感じつつベッドに横たわったまま。

母が出て行ったあと、横向きになったとたん
痛みと一緒にじゃばっと何か出た!破水!?とナースコール。
破水したみたいなんですけど、と見てもらうと、
「水っぽいおりものって感じもするけど…出血かな?様子見ましょう」、とのこと。

合間には寝るつもりで、リラックスするのがコツですよ、
と助産師さん。
全く寝てないので、ホントにうとうと眠りに入りかけては
痛みで起きる、の繰り返し。
それがやっぱりだんだん強くなってきて、
自分では時計が見てられないくらいに
「おかーさん…時計みて…」と間隔を測ってもらう。

ベッドの端っこの手すりにうずくまるようにしてるのがなんとなく落ち着いて、
「ベッドから落ちそうだよ[あせあせ(飛び散る汗)]」といわれるもそのまま。
痛みがくるたび「きた~…」とか「痛い~…」とうめいてました。
陣痛中の呼吸法も忘れてしまったけど、深呼吸だけはなんとかしてみる。
そのうち、まさに「便が出したい感じ」をお尻に感じ始め、
「さっき助産師さん、お尻に違和感感じたら呼んで下さいって言ってたような?
でも、これくらいじゃまだかなぁ…」ともやもや考えてるうちにそれが強く。
母には「呼ぶ?」と言われ「まだ…」とか答えつつ、限界だ!
と思ったところでナースコール。

「お尻のあたりが痛いような気が…」というと
すると肛門をぐっと押してくれました。
聞いてはいたけど、あれはホントに楽になります!!
助産師さんは母に同じようにやってあげてくださいと頼んでくれて、
にわかにバタバタし始める。
母の力じゃ足りないよ~と思いながらだんだん強くなる痛み。
それが「イキミたい!」に変わって来て
「い…いきみたいです…」と訴える。
「そうだね~、我慢してね~」
…そうですよね。
でも逃したいんだけど、うまく逃せない波がやってくる。
それをみたベテラン助産師さん、
このまま進みそうだと判断。

ここで友人のことを呼んでくれることに。
私に自分で呼ぶかどうか聞いてくれたのだけど、
もうそんな余裕はありませんでした!!
「陣痛っぽいから一応病院に連絡してみるよ~」と、夜中にメールはしておいたんだけど
休みだったので寝てたみたい。

後半へ。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:妊娠・出産
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。