So-net無料ブログ作成
検索選択

現実 [日記]

毎朝、これは夢じゃなくて現実なのだ、とニュースをみて思い知らされます。

今日久しぶりにアパートの人と話したけど、
夜、外は雪で、繰り返し余震が続きあっという間に暗くなっていくなか、
子どもたちと部屋にじっとしているのが
すごくこわかったよね、と。
この会社、どこの旦那も誰も帰ってこないし。
(まぁ、帰ってこれない仕事でもあるんだけど)

でも、その時はまだ、
沿岸でここまでの事態になってるなんて、思いもしなかった。

***
うちの娘たちは、昨日あたりから、だいぶ落ち着いてきたようです。

私の一番古い記憶は、日本海中部地震(1983.5.26)

一部の記憶だけだけど、当時二歳11カ月。
きっと、上の娘も、断片的にでも覚えてるのではないかな。


私たちの本当に身近な友人・知人は、盛岡へもどってくることができ
ほっとしているところです。
まだまだ心配はつきないですが、
各避難所の名簿も明らかになってきて
連絡は取れないけれど無事がわかる人もたくさん出てきました。
物資がくまなく届きますように。
一人でも多くの人が助かりますように。

でも、改めて、現場では、どこでも報道されていない、
とても壮絶で悲惨な事が起きていることを実感しました。

石巻にいなくて良かったね、
と、何人かの人に言われたけど、
一緒にいた人が大変な思いをしたと思うと
素直にそうだね、と言えない自分がいます。
一年半前まで、私もいたのに。


釜石にいる義祖母と義伯父は無事だった。

陸前高田で、迫りくる津波から
子どもを抱えて逃げ出した友人。
いろんな偶然と周りの協力があり、
無事に助かったそうです。
初めは本当に本当に心配していました。

石巻の自分の住んでいたアパートは、
高台にあるので津波には飲まれていないだろうと
当初は考えていたのですが、

確かに津波には飲まれなかった、
けれども、津波がすごい音を立てて、すぐ下までの
街を飲み込むのを見、
近くの工場が燃えるのを見、こちら向きの強い風で
火の粉が飛んでくるのがそれはそれは恐ろしかったそうです。

夫は一緒に仕事をし、
私も毎日のように顔を合わせて暮らしていた、
お世話になった方たちが、
命こそ助かったもののライフラインはおろか
物資も届かない状態で、辛い思いをしているのに
何もできない、何もできないとすごくつらかった。

時々来るメールで、夫を通じて
会社に伝えられる事を伝えるくらいで、
私が出来ること、は本当に本当に少しだった。

私はこんな所で、ほとんどいつも通りの生活をしていていいのだろうかと。

私が住んでいた、知っている街がもう、無くなった。
それでも胸がつぶれるほど苦しいのに、
自分も被災し命からがら逃げてきたのに、
愛すべき実家も被災している友人、知人もいます。

言葉もありません。

そして大好きな仙台が、何度も訪れたあの浜も…
仙台空港も………。

津波の影響は無い内陸部もライフラインが止まり、
揺れによる建物の崩壊、
仙台駅の被害をみたりするとかなり心配でした。

福島は、被災した上に原発の危険が間近に。
もちろん、原発に何かあれば、福島県だけの問題ではないけれど
近いだけにずっとずっと不安だと思います。

他人ごとには、とてもとても思えない。

でも
盛岡の被害が少なかったからこそ、
岩手県は県の機能を完全に失わないで済んだ。
もし全てがダメになっていたら、もう、終わりに等しい。
被害が無かったからこそ、ここからできることがある。

節電もそうだし、買いだめはしないとしても、きちんと消費する。
余裕があれば外食もする。
そうでないと、経済も止まってしまうんだもんね。

いろんな意味で少なからず厳しい生活は待ってると思うけど
この先もみんなが笑顔で過ごすことができるように。

nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:育児

nice! 0

コメント 2

MABO

同じ学年の子供達がいて、近くの地域だな。と思い、気になっていました。
私は宮城にて被災しました。
お互いに出来る限り、楽しく育児ができると良いですね。
頑張りましょう!
by MABO (2011-04-11 15:23) 

あにゃ

>MABOさん
遅くなりました、ありがとうございました。
宮城は内陸部の被害も大きく、胸が痛みます。
ライフラインの復旧も遅かったですよね。
今はだいぶ落ち着かれたでしょうか?
まだまだ余震もありますが、お互いに備えをしながら
がんばりましょうね!
by あにゃ (2011-05-09 21:52) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。